CH EN

Vekenニュースル

維科グループは寧波工業インターネットプロジェクトの設立を発起しました

2018年4月4日午前、寧波市人民政府と中控グループの诸健教授チーム、国投創業(SDIC)、維科グループは寧波市政府会議センターで「協力協議」を締結し、「寧波工業インターネット研究院有限会社」の一連プロジェクトを一緒に推進します。つまり、「1つのプラットフォーム+3大産業化会社+1団地」である。契約式は市委常務委員会、市委員会事務総長の施恵芳が司会して、副市長の陳仲朝、诸健教授、国投創業総経理の高愛民、維科グループの総裁の何承命がそれぞれの方を代表して契約した。浙江省委員会常務委員、市委書記鄭柵潔、市長裘東耀、市政府事務総長張良才、海曙区委書記孫黎明、中国投高新投資グループ董事长の潘勇などが一緒に契約を証明した。


その後、海曙区人民政府区長褚孟形、褚健教授、国投創業総経理高の愛民、維科グループ総裁の何承命は各方面の代表として「協力協議」を締結した。「寧波工業インターネット研究院有限会社」の各プロジェクトを共同で推進する。


「寧波工業インターネット研究院有限公司」の各プロジェクトは、製造強国、ネット強国この二つの国戦略を中心に、海曙区に一つの工業インターネットと関連科技革新創業プラットフォーム、三つの産業化会社と一つのハイテク産業園区を建設して、寧波市製造業のデジタル化、ネット化、知能化の改造進級を推進します、現地工業インターネットプラットフォームサービス、知能製造技術サービス能力、工業自主制御技術及びサービス能力を育成して、寧波が「中国製造2025」国家級の模範区を創立して、中国科学技術成果転化のモデルを作り、寧波の発展の新しいエンジンを構築する。


この一連のプロジェクトの着地は、維科集団がハイテク産業投資グループに転変の展望性、肝心な配置でもある。維科グループは国家投高新(SDIC)、诸健教授チームの戦略提携をより深くして、寧波市の先進な製造業の基礎優勢に依託して、全力でハイテク技術産業への投資と配置を推進する。